経済学部の教育

学部カリキュラム


経済のメカニズムを解明し,将来を担う人材を育成する

 

 「経済がわかる」とはどういうことでしょうか。インターネットで経済のことを調べるのは簡単ですが,断片的な知識の積み重ねでは不十分です。わかるというのは,なぜそういう現象がおきるのか,なぜ人々はそのような行動をとるのか,そうした原因と結果のつながりを頭に入れることです。現実の経済社会は一つの結果がまた多数の事象の原因となり,その全体は因果関係が絡み合った複雑な構造をしています。自然科学であれば,実験によって因果関係をひとつひとつ分解できるのですが,経済学・経営学では社会といった対象を丸ごと研究対象にするしかありません。そのため多彩な研究アプローチで対象に迫ることが不可欠です。経済学部では,理論的研究,歴史的研究,統計分析,制度論,事例研究など,あらゆるアプローチに出会います。この多様さが経済学部で学ぶ面白さです。そして,これによりはじめて経済という切り口から社会や人間が見えてきます。現代社会を生き抜くために真に必要な広角の視点が得られるのです。

 経済学部は,「経済学の知識やリーダーとしての資質を身につけ,現代の経済社会が直面する諸課題に挑戦し,解決できる人の育成」を学部教育の基本方針としています。全学共通の教育目的に照らして設定した,経済学部の教育目標を達成するために,

  1. 全学教育科目を活用し,幅広い教養を修得する。
  2. 各専門分野の基礎知識を確実に修得する。
  3. 基礎知識を応用する能力を育成する。

という三つの基本方針を打ち立てて,経済学および経営学において必要とされる幅広い教養を学ばせ,それを基礎として学術の理論および応用を習得させるよう,カリキュラム設定をしています。また,経済学部は,経済学科と経営学科からなり,経済理論,経済政策,経済史,経営学,会計学などの分野の様々な問題の研究と教育に取り組んでいます。経済学部では,はじめの2年間で基礎的な科目を習得して「基礎的分析力」を,残り2年間では,少人数のゼミナールにおける主体的勉学によって「自主的探求力」を身につけることで,将来を担うグローバルな人材の育成を目指しています。

gakubu-edu-chart